読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みらいとあそぶ mirasoboo~!のブログ

私たちは自然や農業をもっと身近に感じることができる場場を作っています。それは、体験活動を軸にした学びの場です。学ぶ場は、多くの人と出会い、考える場としても大切にしています。

はじめての農業体験 vol.2 ~なんだこれ!~

さて!

なんのお花でしょう?

f:id:mirasoboo:20170514235837j:plain

正解はレタス。

 

レタスはいつも食べている身近な野菜なのに、お花は初めて見ました。

さて、今日もレタス畑のお掃除です!

成長しすぎたレタスたちと雑草の皆さんとの格闘。

f:id:mirasoboo:20170515000302j:plain

黄色の紐を巻き上げて、アーチ状の鉄線を抜いて、3.40本ずつ結びます。

紐を巻き上げる時、鉄線を運ぶ時、雑草さんが私の邪魔ばっかりする!!

「くそう、草め…」(笑)

 

朝は曇っていた天気も、だんだん晴れてきて太陽が上がって来ます。

「今日は絶対焼けない!」と持参したマスクは、息がしにくく、

耳が痛くなる。どうしようか、取ろうか、と横を見ると、、

f:id:mirasoboo:20170515001912j:plain

耳が痛くならず、苦しくないステキな顔カバー‼

女性農家さんのアイディア商品なんだそうですよ。

これで焼けない!

そうそう、ちなみに、手袋をして作業するので手も汚れません。

例えば、ネイルだって爪が長くなければ問題なく出来る。

(長いと作業しにくいのです~:実験済み)

汚れるもの、と思っていたので意外でした。

(作業によるかもしれませんが。)

 

お掃除したこの畑、次は何が植えられるのでしょうね❤

お隣のハウスのおじさまが、

「おかひじき」をわけてくださって、感激。

私、大好物です‼

(茹ででポン酢でムシャムシャたべます!)

 

そして、

帰りにスイートコーンの間引きの実をいただいて更に感激。

芯も柔らかいのでゆでてマヨネーズで頂きました。

生まれて初めて食べました。美味しい‼

子どもたちが取り合いのケンカして大変~

 

f:id:mirasoboo:20170515003953j:plain

 

 

 

山の実りに暮らしを想う -野草を楽しむ会レポー

 待ちに待った

「野草を楽しむ会」

2回目の参加です。

子どもたちも農場をかけまわり、山をのぼり、

宝探しのように目をキラキラさせて収穫しました。

f:id:mirasoboo:20170507234956j:plain

うど、たらの芽、にんにくの芽。

こんな贅沢他では体験できません♡

 

野草って、皆さんが想像している通り、草です。

「山菜」と呼ばれる、わらびやたけのこだけではなく、

ただの草だと思っていたものも食べられる。

野草は、私たちが普段食べている野菜の原種です。

時代とともに、沢山収穫できるもの、おいしく食べられるものに改良されて

現代の野菜になったそうです。

 

昔、むかしの人たちは、この野草を食べていたんだなぁ。

なんて思いを馳せながら食べると、なんとも言えない気分に…

 

f:id:mirasoboo:20170508000025j:plain

ゆきのした どこにでもあるこれがとってもおいしい!

f:id:mirasoboo:20170509020212j:plainゆきのしたを天ぷらに。

f:id:mirasoboo:20170509020240j:plainf:id:mirasoboo:20170509020308j:plain

野草サラダに、野草クッキー

f:id:mirasoboo:20170509020356j:plain

豪華な野草バイキング♡

野草つみを教えてくださったのは、

ひとくわ農場のトミさんイッキさんご夫婦とひとくわ果樹園のモグさん。

つくること、たべること、くらすこと

をとても大事にされていて

自然の恵みへの感謝がひしひしと伝わってきました。

 

ひとくわ農場には鶏もいます。

f:id:mirasoboo:20170508001122j:plain

たまごを産むその瞬間をとにかくじっと待っているところ。

鶏のおしりが赤くなり、ポンッと産まれるとわぁっ!と歓声が上がります。

飼料の用の麦も無農薬で栽培されていて、この鶏も、たまごも

本当にこだわって育てていることが分かります。

 

食を中心に暮らしを大切にする。

 

参加されていた方が

「憧れる暮らしがここにはあるけれど、たまに来るから良いのか、

毎日だったらどうなんだろう・・・」

素朴な疑問をつぶやいていらっしゃいました。

 

そんな風に暮らしを顧みるきっかけをくれる、充実の時間でした。

 

この時間を子どもたちと共有できたことが幸せでした。

昨年は「のいちご」を洗ってないから汚い、と食べなかった息子。

今年はパクパク食べました。卵を産む鶏にかじりついて離れなかったり、

初めて参加するお友達にわらびの種類について語ったりする様子は頼もしささえ感じます。初参加の娘は、想像した通りなんでもへっちゃら。急斜面のタケノコ山をひょいと登る。タケノコを見つけるのも早い。力は弱いけれど、「私が掘る!!」の気持ちがなんて強いのだろう。

f:id:mirasoboo:20170509014611j:plain

山は彼女の良さを引き出してくれます。

子どもたちは自分で考え、行動するのだなと再確認。

 

実は野草パーティの後、すっごく面白い場所に行ったのですが、

それは次回のブログで。

 

 

 

 

 

 

動き出す季節

田畑の広がるわが地域では、この季節麦が色づき、田んぼは早いところでは植わっているが、準備が一斉に行われている。

 

二十四節気の中に「啓蟄」という眠っていた虫が動き出すときという日があるが(3月ですかね)、今のこの時期は一気に農地が動き出す季節だと感じる。冬季でも作物を作って収穫している農家もあるので(うちも例外ではない)すべての田畑が冬の間眠っているわけではないのですが、トラクターで鋤かれ、畔の雑草が刈られ、溝がきれいになり脈々と流れる水を見ているこの季節が好きなのです。

f:id:irotoridoriya:20170507204101j:plain

夕日に揺れる麦

f:id:irotoridoriya:20170507204253j:plain

 整えられていく田

f:id:irotoridoriya:20170507204520j:plain

成長していく稲

 

今年もいい米が収穫できますように

無事に育ちますように

大地と天にそう願いながら、丁寧に丁寧に作っています。

 

食べるということは、自然とつながっているということ。

今日の食卓にのぼった食材の一つ一つにストーリーがあるということ。

そういうことを、たまに感じながらゆっくりと口に運んでみてください。

そういう目で農地を眺めると、また違う景色が見えてくると思います。

 

食育とは、生を感じることだと思います。

 

 

バルンバルンの森へ

かわいいよ!たのしいよ!ワクワクするよ!

と以前から聞いていたキャンプ場。

ほんっとうにかわいらしかった!!

 

ついつい写真に収めたくなる…

f:id:mirasoboo:20170429020141j:plain

 

決してSNS対策のかわいさではなく、

SNSが流行する前からこつこつキャンプ場を作ってこられたそうです。

15年になるとか。

ゆっくりお話を伺いたかったけれど、こちらの諸事情で叶わず。

少しだけ交わした会話の中にキーワードがいくつかありました。

 

「いちいち かわいい」

「敷地に入った瞬間、ワクワクする場所」

 

作りたいものをつくっていたら、こうなったのよ。

と言われたような気がしました。

 

伺ったのは4月の平日。

普通のキャンプ場ならシーズンオフの閑散期。

ここは、併設の食堂は満席で写真を撮る人や、

イベントの相談に来られている人でにぎわっています。

f:id:mirasoboo:20170506000428j:plain

正面が亜細亜食堂さん。左側はクラブハウスになっています。

 

キャンプ場に食堂や雑貨屋さんがあるって、とても新鮮。

てっきりオーナーさんが経営されていると思っていたら、

いわゆるテナントさんが入っている。

??キャンプ場にテナント?

 

キャンプ場をキャンプ場として使わないのか・・。なるほど。

「キャンプ場」と聞くと、どんな人とも共通のイメージを持てるような気がします。

 でも、それとは違うものがありました。

どこが違うんだろう。

・この空間をどう表現したいのか、がとても分かりやすかった。

・来てくれる人をもてなしたい、という気持ちがあふれていた。

・表現し続けることの大切さ。

・自分の手で作り込んでいく面白さを知っている。

・そして、何より人柄。

・素敵な人がいる所には素敵な人が集まってくる。

 

f:id:mirasoboo:20170506002828j:plain

ランチ♡本格的なアジア料理をいただけます。

平日の山の中なのに、満席~

 

チームまこち(築上町キャンプ場の企画運営チーム)

での訪問だったのですが、気持ちよく受け入れてくださりありがたかったです。

 

f:id:mirasoboo:20170506003814j:plain

いや~、、すました顔して上ってみたものの、怖い( ;∀;)

かわいいチェアがおいてありましたが、座れませんでした。

高いところがお好きな方はぜひー!

 

 

 

新緑の求菩提!!

ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?

天気が続いて暑いくらいです。

 

というわけで・・・朝の涼しい時間帯に、豊前市の求菩提キャンプ場付近を散策してきました!

 f:id:irotoridoriya:20170503171826j:plain

 空気が透き通って気持ち良いです!

f:id:irotoridoriya:20170503172129j:plain

見頃のしゃくなげが、あちらこちらにあります。

f:id:irotoridoriya:20170503172429j:plain

 

f:id:irotoridoriya:20170503172616j:plain

 緑も赤もきれいですね!

f:id:irotoridoriya:20170503172751j:plain

ちょっと、蜘蛛の巣が大変なことになっていますが、不動明王が心を浄化してくれそうです。

 

しかし、本当の目的はこのキャンプ場ではなく、もう少し手前にある鯉のぼりです!

f:id:irotoridoriya:20170503173145j:plain

f:id:irotoridoriya:20170503173308j:plain

子どもたち大喜び!気持ちよさそうに泳いでいます!

期間限定のお楽しみですね

f:id:irotoridoriya:20170503173603j:plain

f:id:irotoridoriya:20170503173740j:plain

f:id:irotoridoriya:20170503173839j:plain

朝から新緑の癒しパワーで、リラックス!

最高☆

 

・・・と思っていると、きゃ~!なにこれー!!と、子どもたちの声

f:id:irotoridoriya:20170503174308j:plain

実際はもっと数多くのこの虫たちが、群がっていました。

帰って調べてみたら、ヨコヅナサシガメみたい。

違っていたら教えてくださーい!

 

求菩提キャンプ場には、河川プールもあります

そして!市街地からここに行くまでの道沿いには何軒かカフェが、そして民泊もあります。今度はそこも楽しみたいな~!

実りを感じる20分。

娘と20分のお散歩。

この時期は風が強いですね。

 

あごひも付きの帽子をかぶっていざ!

とぼとぼ歩いていくと、初めに見つけたのは

「ひっつきむし」の若いやつ。

f:id:mirasoboo:20170429022938j:plain

これが枯れてくると、足にいーーっぱいついて困るんだよな。

(息子はひっつきむしを取ることを面倒くさがり、

いっぱいついたまま洗濯機にぽい!!でよく叱られますw)

 

隣の空き地は、お花畑♥

f:id:mirasoboo:20170429023136j:plain

コスモスの仲間らしいです。

f:id:mirasoboo:20170429023423j:plain

ぷんぷにの手に草花を載せると、何でこんなにかわいいのだろう。

 

その向かいには、うちの畑。

f:id:mirasoboo:20170429023655j:plain

パセリの森。乾燥パセリを作ったら良さそう。

f:id:mirasoboo:20170429023841j:plain f:id:mirasoboo:20170429023927j:plain

ニンニク&お豆。

お豆に関しては、「誰がこんなに食べるの?」と思うくらい大量に

植えてしまって、ジャングルぐるぐる・・・・・・

毎日、どんぶりいっぱいのスナップエンドウを食べています。

f:id:mirasoboo:20170429024339j:plain

3年前に植えたサクランボ。たのしみだなぁ!!

「さて、おうちに入ろうか~」

なんてつぶやきながら、つつじの蜜を吸っていたら、

あ!!!!!!

 

なにこれー!

f:id:mirasoboo:20170429024707j:plain

半分カラーのつつじ。

不思議だなぁ。

(※調べてみると、染色体変異のようです!!)

 

たった20分なのに、1時間くらいに感じるゆっくりとした時間。

農業体験の時も思ったけれど、

土や自然に触れていると時間が急にゆっくり進むのですよねぇ。

パソコンに向き合う20分なんてあっという間なのに!

何でだろう。

 

「豊か」って何をさすのでしょうね。

 

初めての農業体験 vol.1 ~なぜ遠い~

行ってまいりました!

初。畑へ!

f:id:mirasoboo:20170424012522j:plain

なんとスマホの充電が切れるという事態に。農作業を撮れなかったけれど、畑横のれんげ畑をどうぞ。

めちゃんこ可愛いれんげちゃん、3日後に草刈り機でバッサリいかれたそうです。ぐすん。

 

農業や野菜、食べること。

本来ならとても身近なことなのに、なぜこんなに遠くて難しい存在なのかな。

とつぶやいていました。

 

・・・・「やってみたらいいやん。」

え!!そっか。やってみたら分かるかも!!

 

農業、とりわけ、

築上町内の農業(農作物をたべること)について感じ、

思うことは多岐に渡るのですが、それはおいおいお話しすることにして、

今日は「なぜ遠い」かということについてです。

答えはありません。

 

・見たことない、やったことない

・むずかしそう

生産現場を見る機会がなく、野菜とはスーパーで出会うため

・いわゆる新3k(きつい、きたなくなる、給料がやすい等)のイメージ

・デメリット中心の情報

 

などでしょうか。

知る機会が無いのが問題のような気がします。

では、どうやって知ればいいのだろう。

農家さんは知ってほしいと思っているのかな。

そもそも、消費者側は知りたいのかな?

 

農業体験を通して、情報を得ながら、発信していきます。

いろんな立場の方と農業についてお話ししたいなぁ。(妄想)

 

f:id:mirasoboo:20170424013047j:plain

今回の作業は、レタス畑のお掃除。

小さいビニールハウスみたいなもの、見たことありませんか?

そのビニールハウスの骨組みとなる、「鉄線」の回収をやりました。

これがなかなか、頭がすっきりする気持ちのいい作業なのです。

鉄線を土から抜く、できるだけ素早く、リズミカルに。

数える。1.2.3.4.5......

まとめる、結ぶ。

下を向いて行う作業なので、発見ばかり!!

(普段、下ばかり見ることってないですよね)

カエル、てんとう虫、あめんぼがいました。

子どものころ食べていた草(笑)が大量に生えていたり、

見たことがない草を発見したり。

カラスの声きちんと聞いたのも久しぶり。

 

身体の程よい疲れとスッキリした頭。

 

農業っておもしろいかも。

 

つづく。